損失をおさえて資金を守りながら取引をするために

FXやバイナリーオプションとは、利益をできるだけ多くあげることが目的な取引に他ならないのではないでしょうか。けれども確かに利益を上げたいという気持ちはあるのが当たり前だとしても、取引に取り組む上でもっとも大事なことは資金を減らさない、つまり損失をおさえるということです。

8763とはいえ全ての取引で損を1円も出さないで運用するということはほぼ不可能です。必要なことは、損を出すとしても最小限におさめる、その最小限のラインを自分で決めておくこと。ここまで言ったら損は出るけれども売る、という行動を「損切り」といいます。

「損切り」をするにはどうしたらよいか

レートが下がる場合の予想を元に、逆指値で売りの注文を入れておきます。

引用: チャート分析.com

ビギナートレーダーほど「損切り」が苦手

多くの方がFXで利益を上げている一方、損失を広げてしまうトレーダーも少なくない理由が「損切り」にあります。これ以上負けられないというラインにきてもなお、ビギナートレーダーほど「ここで売ったら損が出てしまう」「もしかしたらまた上がるかも」と感情に左右されて損切りができない状況に陥りやすいからです。損切りをうまく行えるということは、リスク管理が出来ているということです。24 optionという業者は、この損切りとリスク管理の関係についてきちんと教えてくれるサポートを完備しています。初心者の方はYバイナリーの次にで構いませんので是非チェックしてみて下さい。

損失を重大に考えること自体は悪いことではありません。けれども損失は「出るもの」です。取引は1回単位で利益を出さなければいけないものではなく、1年が終わった時に利益が出ていることが大事。またレバレッジを効かせて取引を行っている人は、損切りラインを考えるとき、実際に証拠金額を考慮にいれておきましょう。 損切りについてもっと詳しい情報はこちらの比較中心で初心者でも分かりやすい構成ウェブページでどうぞ。