適した取引スタイルを決めよう

誰一人同じ人間がいないと同様に、FXやバイナリーオプション取引取引のスタイルや、FXもそれぞれ異なります。主にFX取引のスタイルにはデイトレード(短期)、中期保有型、長期保有型といった3種類ありますが、その人の好みや性格、考え方によっても選択する取引スタイルが分かれてくることでしょう。時間、投資額、期間、この3点においてどれを重視するか、またどの点を取引の重要項目とするかによっても取引スタイルは変わってくるでしょう。

r76デイトレード
デイトレードは、短期取引になるため時間に余裕のある人向けです。一日パソコンに向かい、市場動向を常にチェックできる、分析や判断を余裕持って考える時間のある人に向いています。小さな投資で大きな利益を求めている考え方のトレーダー向けといってもいいでしょう。デイトレードの特徴は、チャートの先読みや分析が瞬時に出来ないとなかなか利益を得るのが難しいかもしれませんが、得られる利益の大きさも魅力ですので、経験を積んでいけば可能性も広がります。FX初心者にとっては最初は難しいかもしれませんね。多くの初心者トレーダーは、FXよりもシンプルだからという理由で バイナリーオプションから始めるということをよく耳にします。NRGバイナリーというバイナリーオプション業者はそんなトレーダーの間で人気が出て来ているようです。

中期保有型取引スタイル
中期保有型は、スイングトレードとも呼ばれ、数日間から数週間に渡りトレードを継続するものです。ですから一日中パソコンに張り付いていられないというような時間の無い人に向いている取引スタイルです。また、小額の投資である程度の利益を望む人に向いています。この、ある程度の利益を得るために活用できるのがレバレッジ利用です。中期保有型のポイントはレバレッジをどううまく活用できるかという点でしょう。

長期保有型取引スタイル
スワップ派とも呼ばれています。売買のタイミングで差益を出して利益とする取引とは異なり、スワップポイントを主な利益として見込むスタイルです。保有期間は数ヶ月以上と長期間になるため、短期的な利益は少なくなりますが、通貨ペアの金利差で着々と利益を積み重ねていけるスタイルになっています。